上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
s-DSCN7243.jpg

カムワラ(というローカルマーケット)の乾物屋。

干し魚や豆に混ざって売っているのは・・・

s-DSCN7242.jpg   s-DSCN7241.jpg

わかりますか~?

そう、キャタピラ!いもむし!

ザンビア英語では、カタピラ、です。
ニャンジャでなんて言うんだろ。

お店のおばちゃんは、このカタピラはセレンジェから来たと言っていました。

ザンビア人にとってカタピラはインスワと並んでお手軽に食べれる貴重なタンパク源。
うまく料理すればおいしいらしいです。

私はザンビアに来たての頃に同期みんなで挑戦して、
自分たちの料理の仕方が下手くそでまずーいのを食べて以来ご無沙汰。
もう食べずに帰ります。

マサにーさん、写真ありがと!
スポンサーサイト
2012.02.19 Sun l l top
私、何度か書いてるけど、食パンが好き。
食パン食べ比べ」(2010.05.17)
利き食パン大会」(2011.06.06)

ここんとこずっと、近所のパン屋(LongacresのL.A.なんとか)の
ミルク・ブレッド(K5,000)を食べてました。

こっちの食パンには、
ホワイト・ブレッド、ブラウン・ブレッド、ミルク・ブレッドの3種類があります。
ミルク・ブレッドが高級なやつで、たしかに味がミルキー。
1斤だいたい600~700gで、日本の食パンよりも1枚あたりのサイズは小さめ。
あれ、何枚切りだろう。20枚切りくらい。たぶん。

昨日、活動の帰りにWoodlandsのPick n Payに寄り、
食パンが切れそうだったことを思い出して、
久々にここのホワイト・ブレッドを購入。
(WoodlandsのPnPにはミルク・ブレッドがない。)
PnPの食パンはおいしいのですが、
我が家のトースターから微妙にはみ出るやや大きめサイズで、
それを理由にあんまり買っていませんでした。

で、今朝、久々のPnP食パン。

やっぱこっちもおいしいな!

と、改めて思ったのでした。
バターをつけなくとも、パンそのものの素朴なおいしさが味わえる。
久々に買ってよかった。

しかし値上がりしてたな~。
昔は3300クワチャくらいだったのに、4900クワチャになっててびっくり。
2012.01.19 Thu l l top
s-RIMG7011.jpg

これ、私が最もよく行くスーパー、
Kabulongaにある「メリッサ」の野菜売り場の一角。

いろいろありますが、今回注目したいのはこちら。

s-RIMG7006.jpg

スイカ。

値段が直にスイカにマジック書きされています。
見えますか?(拡大すればはっきり見えます。)
29,900とか24,800とか(単位はクワチャ)。
500円弱くらいですね、だいたい。

ザンビアでは、
商品に直に値段が書かれていることも少なくありませんが、
食べ物に直接書いてあるのは大胆ですね。

そういえば、メリッサって手書きが多いような。
2011.12.18 Sun l l top
私、コーヒーが大好き。
朝起きたらまずコーヒーを飲まないと、1日が始まりません。

幸いにもザンビアにはコーヒーがありまして、
スーパーで気軽に買えるので、毎朝おいしくコーヒーを飲んでいます。

この前、コーヒー豆が切れたのを機に、
今まで飲んだことのないものを買ってみました。

s-RIMG7020.jpg

こんなパッケージ。
House of Coffeesというブランドのようで、南ア産。

ふとパッケージの側面を見ると、こんなことが書いてあったんです。

s-RIMG7046.jpg

To ensure that your coffee stays fresh
be sure to seal the bag with the tin-tie closure
provided and store in the refrigerator
(not in the freezer)

ご注目いただきたいのは、最後の部分。

「冷凍庫ではなく冷蔵庫に保管ください」

え、そうなの?

私、以前マザブカという町に住んでいたコーヒー好きの隊員から、
「コーヒー豆は冷凍庫で保管するといいんだよ」と教わったことがあり、
それを固く信じて、それ以来、コーヒー豆は冷凍庫で保管してきました。

しかしこのパッケージは、わざわざ「冷凍庫でなく」と注意したうえで、
「冷蔵庫で保管ください」と言っています。

さて、どっちがよいのだろうか?
こうなったら気になるので調べないわけにはいかない。
早速ググってみたところ、いろんなページが出てきました。

喫茶店のサイトが多く、書いてあることはまちまち。
私の結論としては・・・

・一度挽いてしまったものはすぐに味が落ちる。長期保管すべきでない。
・豆のままなら、冷凍庫のほうが冷蔵庫より断然長持ち。

というわけで、これからは豆を買おうと思います。挽いたのではなくて!
そしてやっぱり保管は引き続き冷凍庫で。

冷蔵庫推進派のサイトに書いてあったことには・・・
・冷凍すると解凍しなければならない
・解凍する際に水分が出る

私、今まで豆を冷凍したまま挽いて問題なくおいしかったので、
味を落とさないために、今後も冷凍庫派で行きたいと思います。

ちなみに、豆の鮮度は、
お湯をかけたあとに膨らむかどうかでわかるらしい。
知らなかった!勉強になりました。
2011.12.15 Thu l l top
ザンビアにはキャッサバというイモがあります。
見た目は赤くないサツマイモのもっと長い感じで、中は白色。
これをザンビア人は生のままガリっと食べます。味ないんですがね。

北部州ではこのキャッサバを混ぜたキャッサバシマが食べられるそう。
まだ食べたことないのです。一度食べてみたい。

キャッサバキャッサバ言ってますが、綴りはcassava。
すなわち、こちらの発音では「カッサバ」。
いや、もっと正確に言えば、
「カサーヴァ」または「カサヴァ」(「サ」にアクセント)。

最近知った驚きの事実。
キャッサバって、タピオカの原料なんですって。
いやー知らなかった。
結構びっくりしました。

それから上にリンクを貼ったウィキペディアに載ってましたが、
あのもちもちした食感で一時期日本でも流行ったポン・デ・ケイジョも、
キャッサバを使ってるんですね。

さて、前置きが長くなりましたが、
そんなキャッサバの粉、キャッサバ・フラワーを探しています。
(シマを作るためではないんだけれども。)

どこかのスーパーで見かけた記憶はあるのですが、
それがいったいどこだったか思い出せず。。。

とりあえずKabulongaのメリッサとWoodlandsのPick n Payにはありませんでした。
(少なくとも最近チェックした限りでは。)
Sparだったかな?

ルサカ在住のみなさま、ご存知でしたらどうかどうかお教えください!
よろしくお願いします!
2011.11.11 Fri l l top
昨日、夕飯を作っていたときのこと。

キャベツと玉ねぎを切って、顆粒だしの素を混ぜた水でフライパンで茹でて、
ベーコン切って加えて、塩・砂糖・おしょうゆ・ナンプラー入れて、
煮立ってきたからパスタ(このときはマカロニ)入れて、
さて、10分くらい放置!と思って、ちょっと寝室のほうに行ってまた台所に戻ってきました。

と、なぜかフライパンにぽつぽつと黒いものが。
あれ、コショウ入れてないよな?フライパンにこびりついてた焦げがはがれたのか?
と思いつつ、菜箸でひとつひとつすくってみると・・・
どの粒にも細~い脚がついていました。
はい、虫でした。

えー!どっから出てきたんだよう。
パスタかなぁ?

その後、すべての材料及び調味料を確認するも、パッと見では虫はどこにも見つからず。
野菜は冷蔵庫、ベーコンは冷凍庫、おしょうゆとナンプラーも冷蔵庫、
他のものもきっちり全部フタしてたんだけどなぁ・・・。
一番可能性が高そうなマカロニにも見る限り虫は見えなかった・・・。

いったいどこからやってきて私の夕飯の中で死んでいったのでしょう、彼ら。
気持ち悪くなって食欲もなくなって、結局夕飯抜きました。

あぁ、虫。
ご飯の中に出てくる虫は嫌いだよ、わたしゃ。
2011.11.08 Tue l l top
日曜日、フットサルのあと、ドミでお昼ご飯を作りました。

残り物の玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、レイプ(セイヨウアブラナ)を
適当に切って入れてぐつぐつ煮た適当なスープ。

ささっと作って、Aドウ、カズーとともに3人でいただきました。

「うま!」と言いながらぺろっと食べてしまうAドウを横目に、
私、スープの中に小さな小さな虫らしき黒いものを発見。

「えー、虫入ってるよー」と言いつつ、取りながら食べ続ける私。

「俺のとこには入っとらんよ」とすました顔のカズー。

よくよく見ると、あそこにもここにも、虫らしきものが浮かんでいる。
その虫の多さは、「コショウ入れた?」とつい聞いてしまうほど。

それでも根気よく見える虫をすくいあげながら食べる私。

「虫はタンパク質だから、大丈夫大丈夫。」とカズー。

「俺のには入ってなかったよ!ほら!」と完食したお椀をうれしげに見せるAドウ。

そのうちに、カズーも虫に気づき始め、
「うわ、ほんとにいっぱいおるやん。見えたら食べる気しなくなった。」と、
食べるのをストップ。

私もそのうちに気持ち悪くなってきて、そこまで。

小バエみたいなちっさな虫、ものすごくたくさん入ってました。
なんだろうな、レイプについてたのかな。

途上国にいると、食生活もこんな感じになります。
日本だったらスープに虫が一匹でも入ってたら、それ以上絶対食べないだろうに。
ほんと、強くなったもんだ、自分。
2011.10.18 Tue l l top
DSC08296.jpg

カブロンガのメリッサ(スーパーマーケット)で、ビーフン発見。
6ピン(=6000クワチャ=約100円)。安い。

どこをどう見ても賞味期限が見当たらなかったのはちょっと気になったけど、
とりあえず2袋購入。

最近は、野菜とベーコンを少なめの水で茹でて、
沸騰したらパスタを追加して水気がなくなるまでさらに茹でて、
だしの素とかケチャップとかで適当に味付けしたものばかり食べてます。
これが手軽でうまい。

でも、KIKKOMANももうすぐなくなっちゃうことだし、
今度はナンプラー買ってアジア系のご飯を目指そうかな。
2011.10.07 Fri l l top
中国の醤油が髪の毛で作られている。
アミノ酸成分が入ってるからそれで作ってる。
気を付けて。

その忠告は突然やってきました。

えぇーそんな!
そんなこと言われたら、ほんとかどうかわからなくても、
中国のお醤油もう使う気にならないし!

と思っていると、続報が。

具体的には以下のサイトを参照するようにと。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20060608/103900/

見てみるとそれは「日経ビジネスオンライン」の記事で、
タイトルは「中国に残る 髪の毛で作る『醤油』」。

いやあ、ほんとかどうかわからないし、
少なくともこっちで売っている中国のお醤油は大丈夫だと、
勝手に信じたりもしますが、
しかし「髪の毛」ってインパクトありますね・・・

風評被害とはこうやって広まるものかと実感した次第でした。
何にしても今のとこ健康だからいいや。
2011.07.18 Mon l l top
ザンビアには、"Long Life"と銘打った牛乳があります。

RIMG5088.jpg

どれくらいLong Lifeかというと・・・

RIMG5089.jpg

賞味期限、見えますか。

BB: 04/03/12
PD: 04/06/11

すなわち、

賞味期限:2012年3月4日
製造日:2011年6月4日

持つこと実に10か月。
いや~たしかにロングライフ。
牛乳って新鮮なものだと思ってましたが、
なんでこれ、こんなにロングライフなのでしょう?
誰か教えてください。

ちなみに、袋売りしている牛乳は普通の牛乳です。
2011.07.18 Mon l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。