上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
毎週打たれてきた注射もついに最後となりました。
今日は破傷風。
あまり痛くありませんでした。

なぜかこの期に及んで講堂の席替え(3回目)があり、
ほぼ一番最初の位置、うしろから2列目に戻りました。

そして注射が終われば残りの時間は語学自習。
明日の最後のプロジェクトの準備をしました。

DSC06724.jpg

ちなみに、
今日の朝の集いのとき、あるスタッフの方から、
「チリ地震支援の医療チームの調整員として急きょチリに派遣されることになりました。
残念ながらみなさんとは今日でお別れです。」
というアナウンスがありました。
ほんとに突然のことで、おお、JICAっぽいなぁと思っていたのですが、
この予防接種の時間にまたそのスタッフの方が出ていらして、
「チリ政府から派遣見合わせの要請があり、行かないことになりました。」
とのこと。
いずれもニュースになっていましたね。
自然災害などがどこかで起きたときに国際緊急援助をするのも、
JICAの業務のひとつです。
(これ、この前の講座テストに出ました。)

ハイチといいニジェールといいチリといい、訓練中にもいろいろ起こるものです。
チリについては、JICA関係者全員の安全確認が取れたと昨日お知らせがありました。
たまたまこの3か国はいずれも二本松とは直接関係がありませんが、
これからは何かあるたびに気になってしまいそうです。
スポンサーサイト
2010.03.02 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
毎週打ってきた注射も残すところあと2回。
今日はB型肝炎。
私はもう打ってあるので今回は接種なし。

併せて、「表敬訪問」についての説明がありました。
3月11日にこの訓練所を退所したのち、
私たちボランティアは3月15日から19日の間に、
地元の自治体(都道府県と市区町村それぞれ)に
ご挨拶に行くことになっています。

何を持っていくだの、何を着るだの、
何に注意するだの、いろいろと説明を受けました。
服装は制服(指定のブレザー)です。
あのブレザーで電車に乗るのは相当恥ずかしい気がします。
でも退所後にみんなに会えるのも楽しみ。

出発がどんどん近づいてきます。
ちなみに私の出発日は3月23日。
ちょうど1ヶ月後です。
2010.02.23 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
毎週左腕に注射しているので、左腕大丈夫なんだろうかという気になってきます。
痛くなったりしていない限り、大丈夫なようです。

今日の順番はルワンダからだったので、ザンビアはすぐに回ってきました。
やっぱり今までで最も痛かったのは先週の狂犬病③でしたが、
今日も打った瞬間なかなかの痛みを感じました。

「最初に刺すときしびれたら言ってください」と言われました。
見事にしびれました。

ここで打つ注射は、どれも、
最初に刺されてからそのあとグググと押し込まれる感触があります。
初めての感覚です。

ちなみに今日は講堂の座席の席替えがありました。
一番最初にうしろから2番目だったザンビアは、
順番がまるまるひっくり返って前から2番目に。
景色がだいぶ違います。
今週は座席指定の必修講義が2つ。「海外における安全対策」と「感染症」。
しかもどちらもなぜか通常の2時間ではなく、3時間と4時間という大物です。
チームザンビア、運が悪い。
2010.02.16 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
今日で狂犬病は終わり。
痛かったです。
チクっとしたあと、グググっと押されるところが。
そして今日は初めて、打たれた左腕が重いと感じます。
ひじを曲げると筋肉痛のような感覚があります。

今日はインドネシアからだったので、
ザンビアまで来るのにだいぶ時間があり、
語学のプロジェクトで使うものを作っていました。
こういう時間もうまく使えばはかどるものだと思いました。
2010.02.09 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
A型肝炎の1回目。
手元の資料によると、どうやらA型肝炎の3回目は任国で受ける模様。
現地訓練中でしょうか。
今日の注射は個人的には狂犬病ほどは痛くありませんでした。

今までこの時間帯には並行して公用旅券などの作業がありましたが、
今日は予防接種のみ。
残りは語学自習を行うことになっています。

明るいうちに外の空気を吸いたくても、
語学自習時間(または講座)が終わる17時には
すっかり暗くなってしまっているのが、惜しいところ。
2010.02.02 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
今日の注射はB型肝炎。
私は高校でアメリカ留学したときに受けていたので、必要なし。
接種不要の人も一度講堂に集わなければなりません。

予防接種と併せて、OV dayオリエンテーションなるものがありました。
2月12日(金)に各国の帰国隊員が来て任国事情を話してくださるイベントがあるそうで、
そのための打ち合わせというか企画書を作りなさいとのことでした。
OVとはOB・OGの総称のようなもので、old volunteerの略です。
とりあえず質問をたくさん並べ、予防接種を待つ間にほぼ完成。

「自主的に○○しなさい」という指示を受けるという、
パラドキシカルなことの多い訓練です。
2010.01.26 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
狂犬病の2回目。

今日は痛かった…。
やっぱり先生によって違うのでしょうか。
先週は腕の中までぐぐっと入った感触はあったけど、
押し込まれるような鈍い痛みでした。
今日は、ぐぐっていうより、ピキピキっていう感じ。
打たれた瞬間に鋭く「痛い」と感じる痛み。

講堂では席が決まっていて、
アジア地域のインドネシアに始まり、
アフリカ地域のルワンダで終わります。
接種順が先週はインドネシアからで、今日はルワンダからでした。
ザンビアは席順で行くとかなり後ろのほうで、
今日は接種がすぐ終わりました。

また、この時間を利用して9日(土)に撮影した公用旅券用の写真が配られ、
名前シールを貼ったりしました。
旅行代理店の人たちが来て、公用旅券の申請手続きもしました。
署名欄に署名しただけですが、
緊張してありえなく納得のいかない字となりショックです。
2010.01.19 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
毎週火曜日は注射の日。
講座を受ける代わりに注射を打たれます(任意ですが)。

初回は狂犬病。3回に分けて接種するうちの1回目。
狂犬病とは、発症したら確実に死に至る恐ろしい病気です。
ウィキペディアによれば、
エイズと並んで「最も致死率が高い病気」としてギネスにも記録されているとか。
ただ、今回ワクチンを受けても完全に予防できるというわけではないそうで、
最善策は犬など動物に噛まれないようにすること。

接種前に、30分くらいのとても気が滅入るビデオを見ました。
犬や人間の発症後の症状をこれでもかというほど見せられ、
直視できませんでした。

注射は私は特に苦手というわけではありませんが、
狂犬病は普通の注射と違って、なんだか腕の奥までぐぐっと押される感覚で、
ちょっと痛かったです。

そして毎週火曜は浴室メンテナンスのため入浴不可でシャワーのみ可能。
予防接種日だからちょうどいいというわけですね。
2010.01.12 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。